民法・情報

不倫慰謝料の請求や、離婚後の問題など、
トラブル解決に役立つ情報をまとめました。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 不倫と慰謝料
  4. 自分でできるGPSの浮気調査とレンタル注意点|仙台探偵
自分でできるGPSの浮気調査

自分でできるGPSの浮気調査とレンタル注意点|仙台探偵

浮気調査を探偵に頼まず、自分自身で行おうと考えた際には、GPSを使った浮気調査が浮かぶと思います。ネットで検索すると、GPSを貸し出している会社や探偵社がたくさん見つかるため、用意するのは難しくないです。

ここでは、GPSレンタルや購入を検討されている方へ「GPSの特長と注意点」をご紹介いたします。

レンタルされているGPSには2種類ある

GPSには、「記録型GPS(GPSロガー)」と今現在の位置が分かる「リアルタイム型GPS」の大きく2種類があります。それぞれにメリットとデメリットがあつため、簡単にご説明いたします。

記録型GPS(GPSロガー)

GPSロガーとは、移動経路を記録する機器です。位置情報を記録できる時間設定が可能で、30分毎、1時間毎などの間隔で位置情報を確認することが出来ます。

メリット

  • 小型で安価(本体)

ロガータイプには最低限の機能しか備わっておらず、価格は安く、軽量となっています。カバンや車のダッシュボードに隠して設置することも可能で、市販の物でも、1万円もせず購入が可能です。

  • 電力消費が少ない

電力の消費が少ないため、バッテリーも小型化されており、リアルタイプGPSに比べて小型のことが多いです。

  • 電波法に基づく使用契約が必要ない

こちらが一番のメリットだと思います。リアルタイプGPSと違い、電波法に基づく使用契約が必要ありません。携帯電話のようにSIMの契約をしたり、月々の通信料を支払う必要がありません。

デメリット

  • 今現在の現在地を調べることができない

リアルタイプGPSと違い、スマホなどで現在地を調べることはできないため、追跡したり、尾行するのには不向きです。

  • 本体を回収しパソコンに繋がないと移動経路を確認できない

移動経路を確認するためには、本体を回収しパソコンなどからデータを確認する必要があります。

手間がかかるのは当然ですが、回収と取り付けの回数が増えるため、バレる可能性も高くなり注意が必要です。

リアルタイム型GPS

リアルタイプ型GPSは、対象者の自動車の現在位置が分かります。探偵が使用しているのは、主にこちらのタイプです。

メリット

  • 対象者の現在地を確認することができる

インターネットが使える端末であれば、どこでも現在を確認することができます。そのため、怪しい所に車が停車しているようであれば、スマホ等で位置を確認し、追跡することが可能です。

デメリット

  • GPS端末+電波法に基づく使用契約が必要

リアルタイプ型を使用する場合には、スマホ等と同じようにSIM契約が必要となります。

そのため、月々の通信料が発生するだけではなく、SIMは本人の契約となるため、万が一GPSの所有者を調べられた際に個人を特定されてしまいます。

レンタルをする場合は、その料金内に通信費も込みになっており、名義はレンタル会社のSIMとなります。

GPSのレンタルや購入前の予備知識

一般的に小型タイプは精度が低く、電池持ちが悪いです。反対に、サイズが大きいほど精度が高くなり、電池持ちが良くなります。

また前提として、GPSを車に取り付ける場合は、車体下に取り付けることが多くなるため、電波を拾いにくく誤差が生じやすい環境です。

その中でも小型タイプを使った場合、現在からの誤差は±400mなど大きく誤差がでることも多々あり、肝心な住所を把握できないこともあります。

また、リアルタイムとは言っていますが、位置情報が更新されるのは、10秒~360分など幅があります。市販のものは1~2分毎の更新しかできないものが多いため、物を選ばないと走行中の車を追跡するのは難しいです。

市販やレンタル品に「探偵仕様」と書かかれていることがありますが、探偵や警察が使用するGPSは別物で、一般には出回っていません。

また、最大待機期間20日など書いていますが、携帯電話等でいうところの「オフラインにして、まったく通信をせず触らない状態」で電池が持つ時間です。

極端な話ですが、1秒ごとに位置更新を行うと、一日電池が持たない可能性があります。使用する場合は、必要なタイミングのみで更新時間を短くするなどの工夫が必要です。

GPSの履歴は不貞の証拠にはならない

あるレンタル会社のサイトには、「GPSがホテルに滞在している時間が浮気の証拠になる」など書かれていることがありますが、厳密に言うと、不貞の法的証拠とはなりません。要するに、それを根拠に不倫慰謝料の請求は難しいです。

そのGPSが付いていた車にパートナーが乗っていたことは証明できず、さらに、異性と一緒だった証明もできません。

誰かに車を貸していた、ただデリヘルを利用しただけ、と言い訳されるかもしれません。結局、不貞を証明できる写真などが必要となります。

あくまでもGPSの浮気調査は、浮気をしているか確認をするものと考える必要があります。

最後に、パートナーの車にGPSを付けるのは問題はありませんが、会社名義の車や、彼氏や彼女の車、浮気相手の車にGPSをつけるのは違法となる可能性もあるため、ご注意ください。浮気調査には、調査がバレるリスクが必ずあります。

GPSレンタルの前に当探偵社シークレットジャパンにご相談ください

GPSのレンタルや購入をお考えの方は、パートナーが浮気や不倫をしている確証が得られず、探偵に依頼したくても特定の日時に依頼を出来ないという問題があるのではないでしょうか。

依頼した日にタイミング悪く、何もなかったとしても、お金がかかってしまうと不安になるかもしれません。

そのような方々に向けて、当探偵社シークレットジャパングループでは、本調査の前に「浮気をしているかを調べる事前の簡易調査」を実施しています。

不貞行為の証拠を取得する調査とは違い、事実確認を目的とした調査のため、さらに料金を抑えてご提案可能です。GPSのレンタルや購入をお考えでしたら、一度お気軽にご相談、ご質問ください。

総合探偵社シークレットジャパングループ

関連記事