恋愛心理学

  1. HOME
  2. 恋愛心理学
  3. 不幸な恋にはまる理由と「自我関与」の効果
自我関与の効果と仙台探偵

不幸な恋にはまる理由と「自我関与」の効果

不幸な恋を引き寄せてしまう自我関与

不幸な恋をする人は、いつも同じ過ちを繰り返しています。

次こそは幸せになりたいと思っても、例えば暴力をふるったり、お金にだらしなかったり、浮気の常習だったりといった、問題のある人とばかり付き合い、同じ失敗を繰り返すのです。このような不幸のスパイラルに足を踏み入れてしまうと、なかなか抜け出すことができません。

このようなパターンに陥ってしまう人には、2つの理由があります。

①過去の経験から同じタイプの相手を選ぶ

一つ目の理由は、同じようなタイプの人と付き合う方が、関係を築きやすいからです。過去の経験から、どのように恋を始めればいいのかが分かっているため、そちらに流れてしまうのです。

自我関与の効果

もう一つは、自我関与の効果が考えられます。

人は、自分が深く関わったことに対しては思い入れが強くなります。そのため、不幸な恋愛をする人は、相手に振り回されたり苦労をすることで、自我関与を深めてしまうのです。

相手に問題があればあるほど、深く関わることになるわけですが、その関り方を恋愛だと思い込んでしまい、平和で自立しあった関係を選択しなくなっていくのです。

不幸のスパイラルにはまる恋愛から抜け出すためには、同じタイプの人との付き合いを断ち切るしかありません。

不幸に執着しているのは、自分自身ですから、「どうせ自分なんて」「自分が悪い」といった考えを捨てるところからはじめる必要があります。

マイナスの口癖は、マイナスの現実を呼んでしまいます。

総合探偵社シークレットジャパングループ

関連恋愛心理学