調査事例

実際の調査事例から
調査プランと料金を紹介。

調査事例と料金プラン

名取市での調査事例

調査エリア:名取市(自宅)~仙台市(職場)
調査項目:浮気調査
調査プラン:21時間プラン
依頼者:夫 対象者:妻
調査目的:浮気の事実を確認
相談内容:妻がパート終わってもなかなか家に帰ってこない。妻に理由を問いただしたところ、「残業をしている」とのこと。妻のシフトでは残業はないため、パート終わりに男と遊んでいるのではないか。事実を確認したい。
調査方法:対象者(妻)のパート終わりに合わせて職場を張り込み、帰宅までを尾行。
調査①:調査初日、パート終わりの対象者を尾行したところ、車で「ショッピングセンター」に向かった。駐車場に着いてから、対象者が、既に駐車されていた見知らぬ車の助手席に乗り込んだ。その後、駐車場から発進する様子がなかったため、車内の様子を撮影したところ、運転席に男が座っていた。

翌日、同じ駐車場で同じ車に乗り込み、雑談をしているところを確認。調査開始から7日目、同一の男の車で「ラブホテル」に入るところを現認し、不倫の証拠撮影に成功する。

調査期間:7日間 調査料金:21万円
追加調査:浮気相手に対して、不倫慰謝料請求のための証拠収集
調査プラン:成功報酬制
調査②:調査①と同様の調査にて、ラブホテルに出入りする証拠2件とデートの様子を撮影。
調査③:浮気相手の車を尾行し、自宅と職場など身元を特定する。
追加期間:15日間 追加料金:40万円
調査終了後:浮気相手と示談の場を設け、今後一切会わない旨が記載された誓約書の受け入れと、不倫慰謝料100万円を請求。
合計期間:22日間 合計金額:61万円

大崎市での調査事例

調査エリア:大崎市
調査項目:浮気調査
調査プラン:一日定額制
依頼者:妻 対象者:夫
調査目的:不貞行為の証拠収集
相談内容:夫が寝てるときにLINEを覗いたら、女の人と連絡のやり取りを発見した。最近、下着や髪形など身なりに気を遣っているのは明らかなので、不倫をしている証拠を掴みたい。予想通り不倫をしているのであれば、それを理由に離婚したい。
調査方法:怪しい日と時間に限定して調査
調査①:主人から「明日、仙台で会社の飲み会があるから、帰りが遅くなるか、もしかしたら翌日の朝方になるかもしれない」と報告されたが、電車ではなく車で仙台に向かうと聞いて不信に思い、急遽調査の依頼。
当日、家を車で出たところから対象者の尾行を開始。車は仙台に向かうことなく、「荒尾公園」に駐車。そこに、遅れて仙台ナンバーの車が到着し、対象者(夫)が助手席に乗り込むところを確認。その後、仙台ナンバーの車を尾行したところ、近くの「中華店」に向かった。調査員が、一緒にお店に入ってところ、女性と一緒に食事をする対象者を確認。食事後、さらに、尾行を継続したところ、コンビニに寄り、古川インター近くの「ラブホテル」に入室するところを現認し、撮影する。

翌朝、対象者が女性と一緒に退店するところを撮影し、女性に荒尾公園に送られて、自分の車に乗るところまでを撮影し、調査終了。

調査期間:1日間(14時間) 調査料金:10万円
追加調査:浮気相手に対して、不倫慰謝料請求のための証拠収集
調査プラン:成功報酬制
調査②:調査①と同様の調査にて、ラブホテルに出入りする証拠2件とデートの様子を撮影。
調査③:浮気相手の車を尾行し、自宅と職場など身元を特定する。
追加期間:5日間 追加料金:40万円
調査終了後:浮気相手に内容証明郵便を送り、不倫慰謝料200万円を請求。夫が非常に反省していることから、すぐには離婚はせず、様子をみることに。
合計期間:6日間 合計金額:50万円

仙台市での調査事例

調査エリア:仙台市
調査項目:素行調査
調査プラン:一日定額制
依頼者:妻 対象者:夫
調査目的:仕事終わりから帰宅までの行動を調査
相談内容:夜勤終わりの夫の帰宅が、いつも昼を過ぎる。帰宅せず午前中に何をしているのか確認したい。もしかしたら、浮気相手がいて、一緒に遊んでいるのではないか心配。
調査方法:夜勤明けから帰宅までを尾行
調査①:調査初日、依頼者(妻)から対象者(夫)のシフトを教えて頂き、夜勤明けの時間に合わせて張り込みし、車で職場を出たところから尾行開始。

依頼者からの報告の通り、対象者は真っすぐ家に向かうことなく、職場から少し離れた「コンビニ」に駐車した。駐車後に車から降りてくる様子がなく、車内を確認したところ、車内で仮眠をとる対象者の姿を確認。2時間ほどの仮眠後に移動を再開し、仙台市内にある「パチンコ屋」に向かった。

退店後、寄り道せず帰宅するのを確認し調査を終了。

調査期間:1日間(5時間) 調査料金:5万円

仙台市での調査事例

調査エリア:仙台市
調査項目:行方調査(人探し)
依頼者:元妻 対象者:元夫
調査目的:養育費の支払いが滞っている元夫の居場所が知りたい
相談内容:別れた元夫からの養育費の支払いが滞っている。連絡も取れず、転居先も分からず困っている。
調査方法:勤務先の確認
調査①:調査初日、元夫の離婚前に勤めていた勤務先に向かい、出社時間に合わせて張り込み。元夫が出社してきたことから、職場に変化はない(転職していない)ことを確認。
調査期間:1日間 調査料金:5万円
追加調査:自宅の特定
調査②:勤務先からの帰宅を尾行
調査③:住居マンションの特定後に張り込み、部屋番号を特定
追加期間:2日間 追加料金:5万円
合計期間:3日間 合計金額:10万円

一関市での調査事例

調査エリア:一関市~北上市
調査項目:浮気調査
調査プラン:一日定額制
依頼者:妻 対象者:夫
調査目的:浮気の証拠を取得
相談内容:夫が浮気をしている気がする。浮気をしているのか確かめたい。
調査方法:怪しい日に対象者を尾行
調査①:調査初日、対象者の休日に合わせて調査開始。午前中に一関市にある自宅を車で出発し、北上市にある「イオン江釣子店」に向かう。駐車後、しばらくしてから、秋田ナンバーに乗った女性と合流し、女性が対象者の車に同乗する。

その後、「北上市立公園展勝地」「みちのく民俗村」など観光地を巡り、お昼に「焼肉チェーン店」で食事をしていたため、そのデートの様子を撮影する。

食事が終わり、女性が同乗する対象者の車で、北上市内にある「ラブホテル」に入店するところを現認する。入店から4時間後、対象者と女性が一緒に退店してきたところを撮影し、調査を終了。

調査期間:1日間(8時間) 調査料金:8万円